一生自分の歯と付き合うために、エツメイデンタルクリニックが、予防歯科について教えます。

30代から気になる「口臭」は 8つのドライマウス対策で改善!

Pocket
LINEで送る

男性・女性ともに30代になると、20代までと違いひと晩寝ても疲れがとれにくい…なんて、体調が変わってくるかたも多いのではないでしょうか?

女性であれば、今まで通りのケアが合わなくなるなど「お肌の曲がり角」を感じるとよく聞きます。

実はこういった、肌などと同じく、お口にも「曲がり角」が存在します。

お口にもある「曲がり角」

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

このお口の曲がり角、そのままにしておくと、「口臭」が強くなりお仕事など人前で話すことに影響がでてしまったり、「虫歯」や「歯周病」の原因となり歯を失ってしまう原因にも・・・。

楽しく・健康に過ごす為にも、今からしっかりケアして、健康な口内環境を作りましょう!

お口の曲がり角の原因と起こるトラブル

お口の曲がり角の原因「ドライマウス」

一番の原因は、加齢による歯ぐきの血流低下による唾液の減少です。

唾液の分泌量が減ることは、ドライマウス(口腔乾燥症)といい、
症状として、口臭がする・口の中が乾燥する・舌が痛い・口の中がネバネバする・乾いた食品が食べずらい…などがあげられます。

そのほかにも唾液の減少を引き起こすドライマウスの原因として、

  • 責任あるお仕事を任されはじめるなどのストレス
  • 仕事や子育てなど忙しいことによる不規則な生活
  • 女性ホルモンの低下

など、加齢以外のさまざまな原因が重なっていることも少なくありません。

知っておきたい唾液のはたらき

唾液には、お口の中を清潔に保ったり保護するなど重要な働きがあります。

唾液の働き
抗菌作用 口の中の細菌の増殖を抑える
洗浄作用 口の中の細菌や食べかすを洗い流して綺麗にする
消化作用 唾液に含まれる消化酵素により、デンプンを分解して消化を助ける
緩衝作用 口の中の酸性化をやわらげ、歯のエナメル質を守る
粘膜修復作用 口の中の粘膜を保護し、傷を修復する作用がある
再石灰化作用 歯の表面から失われたカルシウムやリンを補って修復します

ドライマウス(唾液の減少)が引き起こすトラブル

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

  • 口臭がでてくる
  • 歯垢が増える
  • 虫歯が増えやすい
  • 歯周病にかかりやすい

などのお口のトラブルはもちろんのこと

  • 食べ物が食べにくい・飲み込みずらい
  • 味覚異常
  • 消化吸収の低下・胃腸障害
  • 感染症などにかかりやすくなる

など、全身に影響を及ぼす可能性もあるのです。

楽しく・健康に過ごす為に、唾液を増やすドライマウス対策をしていきましょう!

今日から出来る!簡単「8つのドライマウス対策」で口臭予防

よく噛んで食べる!

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

唾液の分泌を促す為に最も大切なのは「よく噛む」こと!

噛んで顎を動かすことで、唾液腺が刺激され、唾液の分泌が増えます。

また、良く噛むことで、食べものと唾液がよく混ざり、口の中に食べかすが残りにくくなり、口臭の予防になることや、虫歯菌がつくる酸を薄める働きで虫歯になりにくくなったりと良いことづくめ!

一口30回を目安にするとよいですよ。

酸っぱい食べ物ものを食べる・想像する

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

レモンや梅干しなど酸味のある食べ物を食べると、自然に口の中では沢山の唾液がでてきます。

また、唾液を増やすだけではなく、レモンや梅干しに含まれる酸っぱい成分「クエン酸」は、口臭の原因となる食べカスの腐敗を防いだり、細菌の増殖を抑えたりする働きがありますので、食後に梅干しやレモンのスライスを口に含むと口臭対策としても効果的!

また酸っぱい食べ物が苦手な方は、実際に食べなくとも唾液の量を増やすために、想像するだけでも大丈夫ですよ!

ストレス解消!

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

緊張やストレスから自律神経が乱れる事により起こる唾液の減少は、原因を解消することで改善につながります。

唾液には「コルチゾール」というストレスホルモンが入っているので、沢山分泌させて流してしまうことでストレスが軽減する効果も!

ストレスがあると行ってしまう「やけ食い」も、沢山噛む→唾液が増える→唾液と一緒にストレスホルモンが流れる ということから納得のストレス解消法なのです。

時間が無く、ストレス解消がなかなかできない方は、意識的に唾液を増やす行動をすることで、ストレスそのものを解消でき、お口のトラブルも解消されると一石二鳥!

ただ、やはりやけ食いは身体に負担がかかってしまうので、一口一口をしっかり噛むことを心がけましょう!

口呼吸から鼻呼吸へ!

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

鼻炎や花粉症などで鼻がつまっていたりすると、どうしても口呼吸になりがちに・・・。

口で呼吸すると、口が開きっぱなしになることからどうしてもお口の中が乾いてしまい、特に前歯に新鮮な唾液が当たりにくくなり、前歯の虫歯や変色の原因となってしまいます。

お口の中が乾燥した状態がつづくと、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうため、口臭・虫歯・歯周病など様々なトラブルの原因に。

口を閉じて、鼻で呼吸をすることを意識することが大切ですが、鼻炎など鼻の病気の場合は耳鼻科で原因を治すことも重要!

鼻づまりはなくとも、気づくとどうしても口呼吸になっている場合は、マスクで口だけを覆ってみたり、就寝時には歯科医師でつくったマウスピースの装着するなど道具を利用するのも一つの方法です。

水分補給!

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

成人の一日の唾液の分泌量は、500mlペットボトル3本分の1.5リットル

その元となる水分が不足してしまうと、唾液の分泌が不足してしまいます。

一日1.2リットル程度の適度な水分補給が大切です。

また、水分ならなんでもいい!というわけではなく、ウーロン茶や緑茶などには唾液の分泌を抑制する作用のあるポリフェノールが含まれているため、唾液を増やすという目的には向いていない飲み物になります。

その為、普通のお水や、レモンのスライスを入れたレモン水、砂糖や炭酸を含まないスポーツドリンクなどがいいでしょう。

唾液腺を刺激!

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

舌の付け根辺りのフェイスラインに親指を、耳の横・頬のあたりに手の平をあてて、そのまま優しくゆっくりグルグルとマッサージすることで、唾液腺が刺激され、唾液が分泌されます。

また、口の中で舌を左右に大きく動かしたり、舌先で歯の内側をなぞるように舌を回したりすることでも唾液腺が刺激されます。

どちらも簡単で、手間も道具も時間もがかからないので、気がついた時にやってみましょう!

リラックスしておしゃべりを楽しむのも、舌や口が動くことから唾液腺が刺激されるのでオススメですよ。

煙草を控える

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

喫煙することにより、タバコに含まれるニコチンの作用で毛細血管を収縮させ、唾液の分泌を減らしてしまいます。

禁煙することにより、上記の症状は軽減されますが、なかなか禁煙も難しいものですよね。

これまでご紹介した、よく噛む・水分補給・マッサージなどを組み合わせて唾液を増やす対策をしていきましょう。

歯磨き粉やマウスウォッシュの見直し

エツメイデンタルクリニック 歯科 歯医者

市販されているマウスウォッシュには、口の中をスッキリさせるためにエタノールなどのアルコールが含まれていることがあり、これにより唾液の分泌の抑制や口の中の水分を奪い、乾燥させる原因になることも・・・!

歯磨き粉も使用されている発泡剤によって、口の中を乾燥させる成分が使用されている場合があります。

いつものお口のケア後に乾燥が気になる方は、お使いのケア用品を見直しも必要です。

年に2~3回は「歯科医院」で定期健診!

特に歯に問題がなくとも、定期的に歯科医院を受診することで、歯磨きなどのセルフケアで対応できない部分のケアや、自分にあったセルフケア方法を指導してもらえます。

継続して自宅でもケアしていただけるよう、専用の歯磨き粉やケア製品もご用意しておりますので、まずは気軽にお問い合わせください。

また、自覚症状がない歯周病や小さな虫歯の早期発見にもつながり、自分の歯を長持ちさせ、結果治療にかかる費用を抑えることにもつながります。

歯とお口に関する正しい知識を身につけ、生涯を通じて歯をトラブルから守り、管理する「予防歯科」で大切な歯を一緒に守っていきましょう!

Pocket
LINEで送る

Category: 予防歯科
エツメイデンタルクリニック 公式サイト

公式サイトにて詳しい診察の内容をご紹介しております。
当院では、治療はもちろん、検査結果や治療方針についてのご説明も丁寧に、わかりやすくお伝えすることを心がけています。
治療内容や費用についてなど、少しでも疑問や不安に感じることなどがございましたら、遠慮なく私どもにお伝えください。