虫歯治療

虫歯の成り立ち

多くの人が悩まされる虫歯。何故虫歯になるのでしょうか?

そもそも、虫歯というのは歯の表面にある人体で最も硬いエナメル質が溶け出すことから始まります。人間の口腔内には無数の細菌が住み着いていて、その中のミュータンス菌などのむし歯病原菌が口の中の糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯の表面が溶かされるというわけです。

では、本当にそれだけが原因でしょうか?

実は虫歯は「菌」「生活習慣」「体質」「時間」の要因が合わさった時に発生すると言われています。

これらの要因が合わさると、段階をえて虫歯は進行して行きます。当院ではそれぞれのステージや、歯の状態、要因を考えて虫歯の治療を行っております。今後虫歯を作らないために、今できる最善の方法を提案します。

治療方法

虫歯になると必ずしも治療が必要なわけではありません。
初期の段階では、しっかりとしたプラークコントロールとフッ化物の応用で進行を食い止めることもできます。

しかし、一度進行し穴が空いてしまうと治療が必要となってきます。
その時の状態や口腔内全体を考えて治療方法を提案します。

  1. C1

    エナメル質内の虫歯

    歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。痛みがなく、ついつい放っておきがちです。

    虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

  2. C2

    象牙質に達した虫歯

    虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。

    エナメル質内の虫歯と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

  3. C3

    歯髄(神経)に達した虫歯

    虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。

    歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。

    また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。症例によっては、特殊な抗生物質を用いて歯髄を保存する処置を行う場合もあります。

  4. C4

    歯質が失われた虫歯

    歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。 抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

北海道旭川の歯科医院です。歯についてのお悩むはご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら  受付時間 9:30-19:00

診療時間

予約制ですので、お電話にてご予約の上お越しください。
最終受付は30分前までとなっております。
土曜日の午後についてはお電話にてお問い合わせください。

※昼休み:13:00~14:30
※休診日:金曜/日曜/祝日

カレンダーで確認する

アクセス情報

大きい地図で確認する