予約制ですので、お電話にてご予約の上お越しください。

最終受付は30分前となっております。

北海道上川郡東神楽町ひじり野南1条3丁目1-1

当院へのアクセス

自由診療について

catch_04

患者さん自身の歯を長く使うための診療

現在、国が定めた保険診療とは、簡単に言えば材料の種類と使用方法、治療回数や期間が細かに規定されており、その既定の範囲内で行わなければならないルールになっています。
また、その範囲というのが日常生活を営む上で必要最低限の機能を回復させるための処置でしかありません。

日本の歯科の保険医療制度の内容は、歯科医療先進国であるスカンジナビア諸国と比較すると、残念ながらその質は発展途上国並みとも言える内容です。

例えば、日本人の口の中には、世界でも類を見ないほど多くの「銀歯」が入っています。
銀歯でも噛む機能だけは回復することが出来ますが、一方で銀歯に含まれている「銅」などの成分により、金属アレルギー症状を起こすというリスクもあるので、万人向けの治療とは言い難いものとなっています。
このように、現在の保険で認められている治療は、あくまでも「必要最低限」の治療であって、医学的・科学的にみて理にかなっているか、人体に対する安全性に対しての考慮などがされていない、悪く言えば「その時だけの、応急処置的な治療」と言ってしまっても過言ではありません。

また、歯科の二大疾患である「虫歯」「歯周病」は、適切な定期管理で予防することが可能な疾患です。
その予防が身体の健康維持に重要であるにもかかわらず、医療保険が「疾病保険」であるがゆえに、予防や定期管理にかかわる部分のほとんどが保険診療の保険診療の範囲外になってしまうことも大きな問題です。

自由診療の本当の目的は、最新の材料い、最新の技術を駆使するといったものではなく、患者様の口腔内が10年、20年先まで、ベストのコンディションを保てるよう医学的、科学的に根拠のある、最良の材料の選択と時間と手間をかけた精密で入念な治療をすることにあります。

自由診療の費用

患者様一人一人に沿った最適な治療方法を選択し、時間をかけて治療していくため、保健医療に比べるとどうしても治療費は高額になってしまします。

当院では、高額な治療費がかかる場合のある自由診療を行うに当たっては、予め治療内容や期間、及びそれにかかる費用についてしっかりと説明を行ったうえで、患者様の同意をいただいた上で治療にかからせていただきます。