予約制ですので、お電話にてご予約の上お越しください。

最終受付は30分前となっております。

北海道上川郡東神楽町ひじり野南1条3丁目1-1

当院へのアクセス

インレーの作製

catch_16

インレー作製の流れと費用について

STEP.1

自費診療コンサルテーション

患者様に適した補綴物を決めます。各補綴物の性質、メリット・デメリット、保健補綴物との違い、自費診療の場合の治療の流れと費用や支払いの方法をご説明いたします。

STEP.2

個人トレーのための印象

1,000円/片顎

個人トレーとは、印象採得を行う際に使用される印象材を盛るトレーで、患者個人の口腔内に合わせて個別に製作されたもののことです。

個人トレーを使用すると印象材の厚みを薄く均一にできるので、印象採得時の印象材のひずみ・寸法変化を最小限に抑えることができ、より精密な模型を製作することが可能となります。

STEP.3

形成、印象、咬合採得、シェードテイク

10,000円/本

形成

土台となる歯を切削し、形成します。

印象

個人トレーを用いて、顎の型を取ります。

咬合採得

咬合採得を行って上下の歯の位置関係を記録することによって、実際の口腔内の状態と近い形で模型を咬合器に装着することが可能となり、模型上で検査や補綴物の製作・調整などを行います。

シェードテイク

周りの歯と比べて違和感がないよう、歯の色や、歯の筋などの微妙な形状を決定します。

STEP.4

セット

出来上がったインレーを装着して、完成です。

 

インレーの素材と費用について

セラミックスインレー

material_inlay_ceramic

65,000円/本

100パーセントセラミック(陶材)を使用。透明感に優れ、より本物の歯に近い色が出せます。ガラス質なので、極度に強い衝撃を与えると割れることがあります。

※画像サンプルは、わかりやすく着色してあります。

ハイブリッドセラミックスインレー(小臼歯のみ)

25,000円/本

ハイブリッドセラミックインレーとは、セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたもので作られたインレー(詰め物)です。セラミックインレーよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。

ゴールドインレー(使用金属:タイプ2~タイプ3金合金)

35,000円/本+金属代実費

「金合金」を使用したインレーです。金属なので強度が強く、ほとんどの部位に使用できます。適合も良いというメリットがあります。

※シェードテイクなし